FLEAZ BEAT発売!低性能だがDSDS対応・バッテリー交換可能・独立式microSDスロットを持つ【CP-W5】Covia


★ワイモバイルなら1980円/月で無料通話可能!★
⇒ワイモバイルのワンキュッパ割が今アツイ!
fleaz beat

Covia FLEAZ BEAT(フリーズ ビート) CP-W5が発売されました。

Coviaはgooのスマホを開発しているメーカー。

Covia FLEAZ BEATの性能は、5インチHD、MT6750、メモリ3GB、ストレージ32GBと今となっては低性能。

しかしDSDS対応、microSDスロットが独立タイプ、バッテリー交換可という使いやすい機種になっている。

Covia Fleaz Queの後継機的な位置付けかな?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Covia FLEAZ BEAT(CP-W5)の性能は?

fleaz beat_3

Covia FLEAZ BEAT(CP-W5)のスペック

機種名 Covia FLEAZ BEAT CP-W5
OS Android 8.0
CPU Mediatek MT6750

オクタコア 1.5GHz×4, 1.0GHz×4

メモリ 3GB
ストレージ 32GB
ディスプレイ 5インチ 1280×720 HD
カメラ 800万画素(オートフォーカス)
インカメラ 200万画素
バッテリー 2300mAh

バッテリー交換可

サイズ 146 × 71.8 × 8.9mm 161g
ブラック、インディゴ
その他 micro USB 2.0(OTG対応)

microSDXC 128GB(独立スロット)

micro SIM + micro SIM

DSDS対応

指紋認証

Gセンサー(加速度)、照度センサー、近接センサー、電子コンパス、ジャイロセンサー

価格 音声SIMセット:6,800円(税別)

データSIMセット:17,000円(税別)

公式サイト:goo SIM seller

Covia FLEAZ BEATはどうなの?

「Covia FLEAZ BEAT CP-W5」は一年前位に発売した「Covia Fleaz Que」の後継機的な機種。

Covia FLEAZ BEATの性能は、5インチHD、MT6750、メモリ3GB、ストレージ32GB。

Fleaz Queよりも高性能になったがエントリースペックという感じ。

しかし、Coviaの機種らしくDSDS対応でmicroSDスロットは独立式(SIM2枚とmicroSDが同時に利用出来る)になっていてバッテリーも着脱式になっている。

今回は指紋認証センサーも搭載され、センサー類も十分。

USBがOTG対応なのは同じ。

MT6750のAntutuベンチマークは38,000位。

重い3Dゲームアプリは厳しいでしょう。

DSDS対応&microSDスロットは独立タイプ

fleaz beat_2

Covia FLEAZ BEATは3G+4G LTEの同時待ち受けが可能。

ガラケー契約のドコモ、ソフトバンク用SIM(通話用)+格安SIM(データ通信用)という運用が可能。

このクラスでmicroSDスロットが独立タイプなのは珍しい。

ジャイロセンサー&電子コンパス搭載なので安心

fleaz beat_4

ジャイロセンサー、電子コンパスも搭載しているので、ポケモンGOのようなゲームにも完全対応。

ただしCPU性能はあまり高く無いので期待しすぎない方が良いです。

GPSの対応も良い感じなのでgoogle map等も使いやすいはず。

Covia FLEAZ BEATはバッテリー交換も可能

fleaz beat_5

背面を開ける事でバッテリー交換が可能になっています。

これも非常に珍しい。

専用バッテリーは公式サイトで購入可能。

Covia FLEAZ BEAT(CP-W5)の価格は?

OCNモバイルONE SIMセット(データSIM可)

fleaz beat_8

公式サイト:goo SIM seller

一括価格:17,000円(税込18,360円)

データSIMセットの場合は定価。

らくらくセット(音声SIM)

fleaz beat_7

公式サイト:goo SIM seller

一括価格:6,800円(税別)

分割価格:380円(税別)/月 x 24回

らくらくセット(音声SIMセット)の場合は1万円引きになる。

Covia FLEAZ BEAT(CP-W5)の対応バンドは良好

fleaz beat_6

Covia FLEAZ BEATの対応バンド

LTE:B1、3、8、19

3G(W-CDMA):B1、6、8

LTEはバンド1、3、19に対応しているのでドコモ系格安SIMでの運用に向いています。

FOMAプラスエリア(B1、6)をサポート。

SIMはmicro SIM+micro SIMでDSDS対応。

Wi-Fi(IEEE802.11)は、a/b/g/n(2.4G、5GHz)両対応

低価格機だがIEEE802.11a、n、5GHzに対応しているのは良い。

5GHzは電波干渉に強く使いやすいのでこの対応は実は結構重要。

Covia FLEAZ BEATの欠点は?

タッチパネル精度には期待しない方が良い

同じCovia製のg07(g07+ではない方)は、タッチパネル精度に問題がありました。

この手の中国で生産している機種は安いパーツの寄せ集めなので、特にタッチパネルの精度に問題がある場合が多いです。

g07+では改善されたので最新機種のFLEAZ BEATは問題無いかもしれない。

CPU性能的に用途は限られる

電話、LINE、メール、WEBサイト閲覧、YouTube閲覧程度なら特に問題無いでしょう。

アプリも特に問題無く使えるはず。

CPU性能は低いがメモリは3GBあるので普通に使う分には問題無いでしょう。

厳しいのは上にも書いているように、3Dゲームアプリ等の処理が重いもの。

まぁ、この機種を買う人はそんな事は分かってると思うけど。

バッテリー容量が少ないが交換可能になっている

2300mAhしかないので少ない方。

ただしCPU性能が低くディスプレイ解像度も低いのであまり問題無いかも。

それでも不安な場合はバッテリー交換が可能なので使いやすい。

FLEAZ BEAT発売!低性能だがDSDS対応・バッテリー交換可能・独立式microSDスロットを持つ【CP-W5】Covia まとめ!

安いDSDS対応SIMフリースマホが欲しい人向け

FLEAZ BEATはそこそこの性能でDSDS対応、microSDスロットが独立タイプ、バッテリー交換が可能という所が売りになっている機種。

一括価格:17,000円(税込18,360円)と極端に安いというわけではないので微妙かな。

通話SIMセットなら安いけど、今後セールでもっと下がるでしょう。

FLEAZ BEATに近い性能で評判も悪くないZenFone 4 Maxの方が良いかもしれない

ZenFone 4 Max発売!損せず最安価格で買う方法・口コミ評判まとめ【ZC520KL】DSDS対応

ZenFone 4 Maxの方が評判が分かっているので良いかも。

ZenFone 4 Maxはバッテリー交換は出来ないが大容量バッテリー、DSDS対応で実売2万円位の機種。

★自動車保険の無料見積もりで5000円以上ゲットする方法★
自動車保険の更新時に損してませんか?

★自動車買取り一括査定を損せず利用して10万円ゲットする方法★
自動車を売る時に損してませんか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日もご訪問していただきありがとうございます。

次に遊びに来てくれる時には新しい情報を公開しています。

また、もしよければツイッターやフェイスブックで拡散してくれると嬉しいです!

  格安SIM等のお得なキャンペーン情報

【楽天モバイル】楽天ポイントが貯まる!使える!
大特価キャンペーン中!ZenFone 3、mate 9、arrows M03等の人気機種が激安

【DTI SIM】半年間無料で3GBも使える格安SIM!解約金も無し まさに異次元キャンペーン!半年間無料で使える格安SIM!データSIMなら解約金も0なのでお早めに

【mineo(マイネオ)】ドコモ・au両対応!今なら激安 速度もサービスも安定のmineo。今なら音声通話プラン6ヶ月800円割引き!という新キャンペーン中!

【ASUS公式ショップ】ZenFoneシリーズのASUS公式ショップ ZenFoneShopでZenFoneシリーズ購入でIIJmio SIM&ASUS純正アクセサリー・SDカード付き!

【乗り換えキャッシュバックなら「おとくケータイ.net」】 MNPキャッシュバックが終了しても大丈夫!キャンペーンと併用可の高額キャッシュバックは「おとくケータイ.net」だけ!