Android Oneのおすすめは?買ってはいけない機種は?口コミ評判もまとめて解説!【ワイモバイル】S1、S2、S3、S4、X1、X2、X3、507SH


★ワイモバイルなら1980円/月で無料通話可能!★
⇒ワイモバイルのワンキュッパ割が今アツイ!
androidoneおすすめ

ワイモバイルの「Android One」をCMでよく見かける様になってきました。

そもそもAndroid One(アンドロイド・ワン)とは何なのか?

機種が色々あるけどどれが良いの?と迷っている人も多いはず。

そこでAndroid One全機種の性能、価格、口コミ・評判からどういう人にオススメなのかを解説します。

ワイモバイルと格安SIMの違いも解説!

販売中のAndroid One

Android One 507SH

Android One S1、S2

Android One X1

Android One S3、S4

Android One X2、X3

スポンサーリンク
スポンサーリンク

目次クリックで項目へ移動します

Y!mobile「Android One」ってどういう機種なの?

Android Oneは低価格でOSアップデート保証のある機種

androidoneとは

「Android One」は、主にアジア圏の発展途上国、新興国市場向けのローからミドルクラスの低価格帯スマートフォンの事。

OSアップデートの多い高価な端末を購入する人が少ない国向けに、安価でアップデート保証があるという所が売り。

Android OneはGoogleがハードウェア設計から部品の調達まで行っており、各メーカーから販売される機種は全て同等の性能を持っている。

搭載されているOSはカスタマイズされていない純正のAndroidが搭載されており、Googleの最新アップデートが提供される。

OSのアップデート保証期間は機種の発売から最長で2年。

要するにAndroid Oneは低価格で余計なアプリが入っていないシンプルな機種という事

キャリアの機種(ドコモ、au、ソフトバンク)はほとんど使わないどうでも良いアプリが最初から多くインストールされています。

OS(Android)もカスタマイズされている事が多いので、Googleのアップデートをそのまま適用出来ない為、アップデート可能になるまで時間が掛かる。

アップデートも1回あれば良い方で、中にはアップデートすらしないで販売終了になる機種もある。

Android OneはカスタマイズされていないOSなのでアップデートが早く、Googleアプリしか入っていないので動作が軽い、そしてストレージの空き容量も多い。

販売中の「Android One」の機種について解説!

Android One 507SH(シャープ)

Android one 507SH

Y!mobile公式サイト

オススメ度:★★★☆☆

電話、メール、LINE、Youtube程度なら問題ないがさすがに古い。

507SHは2016年7月発売の機種。

5インチHD、Snapdrgaon 617、メモリ2GB、ストレージ16GBという性能。

防水・防塵、ワンセグ搭載だが指紋認証は非搭載。

おサイフケータイも非対応。

ワイモバイルの初代Android Oneなので性能的には古いけど、2018年3月にAndroid 8.0のアップデートが可能になった。

発売から2年後のOSへアップデート可能なのは流石と言った所。

507SHの新品販売は終了しているのでアウトレット品(中古)のみ。

普通に使う分にはあまり問題無いかもしれないけど、中古品は電池の劣化が気になるのであまりオススメ出来ない。

Android One 507SHの価格

一括価格:スマホプランS⇒2,980円、スマホプランM、L⇒111円

口コミ・評判等も下記を参照

Android One 507SHがワイモバイルから登場!格安・シンプル・防水のオススメ機種

Android One S1(シャープ)、S2(京セラ)

android one s1

Y!mobile公式サイト

オススメ度:★★★☆☆

電話、メール、LINE、Youtube程度なら問題ない。

Android One S1、S2は2017年2~3月に発売された機種。

S1はシャープ製、5インチフルHD、Snapragon 430、メモリ2GB、ストレージ16GB

S2は京セラ製、5インチHD、Snapragon 425、メモリ2GB、ストレージ16GBという性能。

S1の方が若干高性能。

両機種共に防水・防塵対応、指紋認証、おサイフケータイは非対応。

S1の方がディスプレイ解像度、CPU、カメラ性能が高い。

両方ワンセグ、おサイフケータイは非対応。

Android One S1、S2の価格

価格:62,748円(一括、分割同じ)

割引(スマホプランS):-1,512円x24回、ワンキュッパ割-1,080円x12回

実質価格:13,536円

割引(スマホプランM):-2,052円x24回、ワンキュッパ割-1,080円x12回

実質価格:576円

低価格である事は確かなんだけど、実質0円にならないように本来の定価より高く設定しているのが気に入らない。

スマホプランM(データ6GB)だと実質価格576円になるのでこれならアリかな。

口コミ・評判等も下記を参照

Android One S1、S2を買うならどっちが良い?オススメポイントを解説【ワイモバイル】

Android One X1(シャープ)

Android One X1

Y!mobile公式サイト

オススメ度:★★★★☆

全部入りAndroid Oneの最初の機種。

おサイフケータイ機能が欲しいならオススメ。

Android One X1は2017年6月発売の機種。

5.3インチフルHD、Snapdragon 435、メモリ3GB、ストレージ32GBという性能。

防水・防塵、おサイフケータイ、ワンセグ、指紋認証全て対応している。

Android One X1の価格

価格:62,748円(一括、分割同じ)

割引(スマホプランS):-1,512円x24回、ワンキュッパ割-1,080円x12回

実質価格:13,536円

割引(スマホプランM):-2,052円x24回、ワンキュッパ割-1,080円x12回

実質価格:576円

価格はS1、S2と同じ。

おサイフケータイ、指紋認証に対応している分X1の方がオススメ度が高い。

スマホプランM(データ6GB)だと実質価格576円になるのでスマホプランMの方が良い。

口コミ・評判等も下記を参照

Android One X1はおサイフケータイ、防水防塵、ワンセグ全部入りで超オススメ!Android One初【ワイモバイル】

Android One S3(シャープ)、S4(京セラ)

android one s3

Y!mobile公式サイト

オススメ度:★★★★☆

S1、S2より性能が上がっていて安くアップデートも2年間あるのでオススメ。

Android One S3、S4は2018年1~2月に発売された機種。

S1、S2の後継機。

S3はシャープ製、5インチフルHD、Snapragon 430、メモリ3GB、ストレージ32GB

S4は京セラ製、5インチHD、Snapragon 430、メモリ3GB、ストレージ32GBという性能。

両機種共に防水・防塵対応、指紋認証、おサイフケータイは非対応。

今回も性能差はほとんど無く、ディスプレイとバッテリー性能はシャープ製のS3がが若干上。

耐衝撃性能ではS4が上と言った感じ。

どちらを選んでも変わらないので好みで選べば良いでしょう。

Android One S3、S4の価格

一括価格:32,400円

割引(スマホプランS、M、L):ワンキュッパ割-1,080円x12回

実質価格:19,440円

新しい機種なので割引は少ない。

口コミ・評判等も下記を参照

Android One S3、S4の価格・口コミ評判・どっちが良い?オススメポイントを解説!【ワイモバイル】

Android One X2(HTC)、X3(京セラ)

android one x2

Y!mobile公式サイト

オススメ度:★★★★★

高価格だが高性能で全部入りの機種。

Android One X2、X3は2017年12~2018月1月に発売された機種。

X2はHTC製、5.2インチフルHD、Snapragon 630、メモリ4GB、ストレージ64GB

X3は京セラ製、5インチHD、Snapragon 630、メモリ3GB、ストレージ64GBという性能。

両機種共に防水・防塵、指紋認証、おサイフケータイ対応。

X3のみ耐衝撃、ワンセグを搭載している。

Android One X2、X3の価格

一括価格:67,932円

割引(スマホプランS):月額割引-1,512円x24回、ワンキュッパ割-1,080円x12回

実質価格:18,684円

割引(スマホプランM):月額割引-2,052円x24回、ワンキュッパ割-1,080円x12回

実質価格:7,524円

X2、X3は高性能なのに実質価格はS3、S4より安いのでオススメ。

どっちでも差はほぼ無いけど、海外メーカーのHTC製より京セラ製が良いならX3を選びましょう。

口コミ・評判等も下記を参照

Android One X2、X3の価格・口コミ評判・どっちが良い?オススメポイントを解説!【ワイモバイル】

ワイモバイル(Y!mobile)は月額料金が安いのが最大のメリット

ワイモバイル

ワイモバイルの料金プランはシンプルで分かりやすい

ワイモバイル料金

Y!mobileオンラインストア

ドコモ、au、ソフトバンクの料金プランは分かりにくいと思いませんか?

正直、詳しいと思っている私でもよく分からなくなる事が多いです。

三社と比較すると、ワイモバイルの料金プランはとてもシンプルです。

ワイモバイルの場合、スマホプランS、M、Lの高速通信容量別の3つのプランしかありません(笑)

スマホプラン割引適用時の月額料金

スマホプランS(1GB):月額2,980円

スマホプランM(3GB):月額3,980円

スマホプランL(7GB):月額5,980円

新規、のりかえ(MNP)でワンキュッパ割が適用され、12ヶ月間、月額利用料金1,000円割引&高速通信容量が2倍になる

新規契約またはドコモ、au、ソフトバンク、格安SIMからワイモバイルへMNP(番号そのまま乗り換え)した場合、「ワンキュッパ割」が適用され1年間月額利用料金が1,000円引きになります。

同じ条件でデータ容量2倍オプションの月額料金も2年間無料になります。

※機種変更の場合もスマホプランS/M/Lへのプラン変更で適用される

ワンキュッパ割が終了した後はスマホプランS/M/Lに加入している場合は「スマホプラン割引」が適用されるので引き続き月額利用料金が1,000円引きになる。

ワイモバイルなら無料通話サービスが基本料金で使える

ワイモバイルなら、他社のスマホやケータイ、自宅・会社の固定電話へも1回あたり10分以内の国内通話が全て基本料金のみで利用出来ます。(無制限)

ドコモ、au、ソフトバンクの場合は5分かけ放題か無制限かけ放題プランがありますが、どちらもワイモバイルの倍位の月額料金になってしまうのでかなり安い事が分かると思います。

月額1,000円のスーパーだれとも定額で無制限通話も可能

スーパーだれとも定額に加入すると、月額1,000円で時間、回数共に無制限のかけ放題定額サービスにする事も出来ます。

電話をよく使う方はこのオプションを付けましょう。

これを付けてもキャリアよりかなり安いです。

格安SIMと比較してもコスパが高く回線品質も良い

  • 10分間の通話が月300回まで通話料無料(無制限化予定)
  • ソフトバンク回線を使用しているので格安SIMのような速度低下問題が少ない
  • テザリングが無料

格安SIMでも最近は通話定額が増えてきました。

しかし、ほとんどが5分定額なので10分定額を標準で付けているワイモバイルの方が使い勝手が良いという人は多いと思います。

もう一つの問題点として、格安SIMは回線品質に不満が出る場合がある。

格安SIMは、ドコモ、auから回線を借りているので回線容量に限界があります。

平日昼のような会社員が一斉に利用する時間帯に回線が重くなる事が多いです。

しかし、ワイモバイルの場合ソフトバンクの回線を使用している為、回線品質はソフトバンクと同等です。

通話品質も安定しています。

サポートに関してもワイモバイルなら安心出来ます。

下記記事を見ると分かるようにワイモバイルは通信速度が格安SIMより高速です。

格安SIMの通信速度(実効速度)はどこが速い?ドコモ・au・ソフトバンク回線別まとめ【2018年3月版】

ワイモバイル(Y!mobile)のデメリットは?

他キャリアと同様に24ヶ月縛りが発生する

これは安いし仕方ないですね。

契約期間中の解約などには契約解除料10,260円(税抜9,500円)が掛かります。

格安SIMの場合は音声プランのみ解約料金が発生する

ほとんどの格安SIMでは音声プランの場合、10ヶ月以内の解約、MNPを行うと解約料金が掛かります。

データ通信専用SIMの場合は解約金は掛かりません。

ワイモバイル学割2018タダ学割についてはこちら

ワイモバイルタダ学割

ワイモバイルタダ学割は本当に0円なのか?料金・期間・家族等まとめ【Y!mobile学割2018】Android One

Android Oneのおすすめは?買ってはいけない機種は?口コミ評判もまとめて解説!【ワイモバイル】まとめ

おすすめ機種はおサイフケータイ機能が欲しいかどうかで分かれる

現状、ワイモバイルでおサイフケータイに対応している機種はAndroid Oneの一部の機種のみ。

Android One X1、X2、X3が対応機種です。

とにかく安い機種が良いなら多少古いがX1、最新で高性能の割に割引で安くなるX2、X3もオススメ。

普通に使えれば良い人(電話、メール、LINE、Youtube程度しか使わない人)はS1、S2が安くなっているのでオススメ。

S3、S4は性能の割にまだ高いのでオススメしにくい。

ワイモバイル&Android Oneの利点

  • Android 8.0を搭載している(またはアップデート可能)
  • Androidアップデートが24ヶ月間保証されている
  • 防水・防塵対応
  • ワイモバイルなら安い!&通話無料も付いてくる

という事で、スマホの維持費を安くしたい方、シンプルで使いやすいスマホが欲しい方にオススメ出来ます!

Y!mobileオンラインストア

★自動車保険の無料見積もりで5000円以上ゲットする方法★
自動車保険の更新時に損してませんか?

★自動車買取り一括査定を損せず利用して10万円ゲットする方法★
自動車を売る時に損してませんか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日もご訪問していただきありがとうございます。

次に遊びに来てくれる時には新しい情報を公開しています。

また、もしよければツイッターやフェイスブックで拡散してくれると嬉しいです!

  格安SIM等のお得なキャンペーン情報

【楽天モバイル】楽天ポイントが貯まる!使える!
大特価キャンペーン中!ZenFone 3、mate 9、arrows M03等の人気機種が激安

【DTI SIM】半年間無料で3GBも使える格安SIM!解約金も無し まさに異次元キャンペーン!半年間無料で使える格安SIM!データSIMなら解約金も0なのでお早めに

【mineo(マイネオ)】ドコモ・au両対応!今なら激安 速度もサービスも安定のmineo。今なら音声通話プラン6ヶ月800円割引き!という新キャンペーン中!

【ASUS公式ショップ】ZenFoneシリーズのASUS公式ショップ ZenFoneShopでZenFoneシリーズ購入でIIJmio SIM&ASUS純正アクセサリー・SDカード付き!

【乗り換えキャッシュバックなら「おとくケータイ.net」】 MNPキャッシュバックが終了しても大丈夫!キャンペーンと併用可の高額キャッシュバックは「おとくケータイ.net」だけ!