Galaxy Note 9日本版はいつ発売?6.4インチ有機EL・SD845・8GB、ストレージ最大512GBの化物機【サムスン】


★ワイモバイルなら1980円/月で無料通話可能!★
⇒ワイモバイルのワンキュッパ割が今アツイ!
galaxy note 9

サムスン2018年8月9日にアメリカ・ニューヨークで行われた

「Samsung Galaxy UNPACKED 2018」で「Galaxy Note」シリーズの最新モデル

「Galaxy Note 9」を発表しました。

Galaxy Note 9はデザイン、性能共にGalaxy S9とほぼ同等と言った感じ。

日本版は2018秋モデルとして販売されるでしょう。

性能的にはS9、Note 8でも十分だと思うけど。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Galaxy Note 9の性能は?Note 8と比較

galaxy note 9_3

Galaxy Note 9、Galaxy Note 8の性能比較

機種名 Galaxy Note 9 Galaxy Note 8
OS Android 8.1 Android 7.1.1
CPU Snapdragon 845(米国版)

Exynos 9810(国際版)

Snapdragon 835(米国版)

Exynos 8895(国際版)

メモリ 6GB、8GB 6GB
ストレージ 128GB、512GB 64GB
ディスプレイ 6.4インチ

1440×2960(有機EL)

ゴリラガラス5

6.3インチ

1440×2960(有機EL)

ゴリラガラス5?

カメラ 1200万画素

デュアルレンズカメラ

F1.5、F2.4自動切り替え

1200万画素

デュアルレンズカメラ

F1.7

インカメラ 800万画素F1.7 800万画素

F1.7

バッテリー 4000mAh

Quick Charge 2.0対応

3300mAh

Quick Charge 2.0対応

サイズ 161.9 x 76.4 x 8.8mm 162.5 x 74.6 x 8.6mm
ミッドナイトブラックオーシャンブルー

ラベンダーパープル

メタリックカッパー

ミッドナイトブラック

メープルゴールド

オーキッドグレー

ディープシーブルー

その他 USB Type-C

microSDXC(512GB)

防水・防塵、指紋認証、虹彩認証

WPC(Qi)、Airfuelの非接触充電対応

3.5mmイヤホンマイク端子搭載

ステレオスピーカー搭載

USB Type-C

microSDXC(256GB)

防水・防塵、指紋認証、虹彩認証

WPC(Qi)、Airfuelの非接触充電対応

価格 不明 1,000ユーロ(13万円位)

Galaxy Note 9はGalaxy S9シリーズの電子ペン対応版

Galaxy NoteシリーズはSペンと呼ばれる電子ペンに対応しているのが売りの機種。

Galaxy Note 9は、Galaxy S9+より大きい6.4インチ有機EL液晶を搭載している。

画面アスペクト比は18.5:9の縦型で画面解像度はS9シリーズと同じ。

本体サイズはGalaxy Note 8とほぼ同じ。

CPUはSnapdragon 845、Exynos 9810のどちらかを搭載。

日本版はSnapdragon 845の方になるでしょう。

メモリ6、8GB、ストレージ128、512GBモデルがある模様。

日本版は6GB、128GB版のみになる様です。

512GBモデルなんて日本市場では売れないだろうからこれで良いと思う。

Galaxy Note 9はステレオスピーカー搭載、冷却機能も強化、バッテリー容量は4000mAhに

ゲーム用の機能として本体内にCPU冷却用のカーボンを配置。

CPUの熱が上がった時に素早く冷却が可能になっている。

Galaxy S9シリーズと同様にステレオスピーカーで音質も改善。

バッテリー容量はGalaxy Note 8では爆発問題対策で減っていたがNote 9では4000mAhに増量された。

冷却機能が強化された事で増量が可能になったという事でしょう。

SペンはBluetooth LEに対応

galaxy note 9_5

筆圧を検知できるSペンはBluetoothが内蔵され、Galaxy Note 9本体とペアリングする事でSペンをリモコンの様に使用出来るようになった。

リモコンはギャラリー、Youtube、カメラ、ボイスレコーダーなどのアプリに対応。

Sペンのボタンを押す事で操作が可能になっている。

Sペンのボタンはシングルクリック、ダブリクリックの動作が割り当てられるようで、カメラのシャッターにもなったりして便利。

オーシャンブルーのみイエローのSペンが内蔵される。

指紋認証センサーは背面のカメラ下に配置

Galaxy S9シリーズと同様に、指紋認証センサーの位置がカメラ横からカメラ下になった。

人差し指で解除しやすくなったのでNote 8より使い勝手は上がった模様。

虹彩認証、顔認証にも対応している。

DeXはクレードルが不要になった

ディスプレイとGalaxy Note 9を接続してPCのように使用する事が出来る「DeX」機能は、これまではDex Stationが必要だったが、Galaxy Note 9はケーブル接続だけで利用出来る様になった。

見た目はかっこいいけどこの機能を使う人はどれ位いるんだろうか。

Galaxy Note 9公式動画

Galaxy Note 9海外版を日本で買うには?

海外版を買うというのもアリ(予約受付中)

galaxy note 9_4

EXPANSYS公式サイト

expansysというSIMフリースマホの海外通販サイトが有名で購入者も多く安心です。

支払いはクレジットカード、paypal、銀行振り込み、代引きが選べるので安心。

paypalなら請求拒否も可能なので安心出来ます。

配送はクロネコヤマト、Fedexが選べます。

Galaxy Note 9の日本版はいつ発売?

Galaxy Note 9海外版は8月下旬発売予定

今回もNote 8と同様に1,000ユーロ(13万円位)になる?

Galaxy S9シリーズと大きな差は無いので、Sペンを使いたい人以外は微妙かな。

iPhone Xより安くて高性能だけど、性能的には頭打ちしているのでNote 8でも十分なんだよなあ。

ドコモ、au版はおそらく2018年秋モデルとして発売?

今年もGalaxy Note 9はドコモ、au版のみ販売になりそう。

日本版はメモリ6GB、ストレージ128GBのみの取り扱いになるようです。

8GB、512GBモデルなんて何に使うんだという位のスペックなので必要ないでしょう。

どうしても欲しい人は海外版を買えば良いし。

Galaxy Note 8の中古(白ロム)を買うのもアリ

galaxy note 9_6

ムスビー公式サイト

Galaxy Note 8のドコモ版は7~8万円位。(2018年8月時点)

SIMフリー化してある未使用品が83,000円位なので自分が買うならこれかな。

ドコモ、au版は中古品の場合、SIMロック解除が出来ないのでSIMロック解除されているものを買った方が良いです。

Note 9日本版が販売されたらもう少し安くなるでしょう。

中古スマホ(白ロム)を買うなら信用出来るショップをおすすめします。

老舗のムスビーなら安心。

★自動車保険の無料見積もりで5000円以上ゲットする方法★
自動車保険の更新時に損してませんか?

★自動車買取り一括査定を損せず利用して10万円ゲットする方法★
自動車を売る時に損してませんか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日もご訪問していただきありがとうございます。

次に遊びに来てくれる時には新しい情報を公開しています。

また、もしよければツイッターやフェイスブックで拡散してくれると嬉しいです!

  格安SIM等のお得なキャンペーン情報

【楽天モバイル】楽天ポイントが貯まる!使える!
大特価キャンペーン中!ZenFone 3、mate 9、arrows M03等の人気機種が激安

【DTI SIM】半年間無料で3GBも使える格安SIM!解約金も無し まさに異次元キャンペーン!半年間無料で使える格安SIM!データSIMなら解約金も0なのでお早めに

【mineo(マイネオ)】ドコモ・au両対応!今なら激安 速度もサービスも安定のmineo。今なら音声通話プラン6ヶ月800円割引き!という新キャンペーン中!

【ASUS公式ショップ】ZenFoneシリーズのASUS公式ショップ ZenFoneShopでZenFoneシリーズ購入でIIJmio SIM&ASUS純正アクセサリー・SDカード付き!

【乗り換えキャッシュバックなら「おとくケータイ.net」】 MNPキャッシュバックが終了しても大丈夫!キャンペーンと併用可の高額キャッシュバックは「おとくケータイ.net」だけ!