ZenFone Liveの発売日・評判は?初心者向けのエントリーモデル、ライブ配信用の美人エフェクト搭載【ZB501KL】ASUS


★ワイモバイルなら1980円/月で無料通話可能!★
⇒ワイモバイルのワンキュッパ割が今アツイ!
zenfone live4

ZenFoneシリーズのエントリーモデル「Zenfone Live」が7/14に発売されます。

ZenFone Liveは5インチHDとZenFoneシリーズの中で最小。

Snapdragon 400、メモリ2GB、ストレージ16GBと性能はかなり低いものの、初心者・子供向けの機能を搭載。

SNSライブ配信向けの美人エフェクトもある。

販売予定価格は19,800円(税別)

うーんこの性能でこの価格は無いな。

おそらくすぐに値下がりして9,800円位になると予想。

スポンサーリンク

2017年10月13日より17,800円に値下げ!

ZenFone Live(ZB501KL)が2,000円値下げ

対象機種

ZB501KL-BK16(ネイビーブラック)

ZB501KL-GD16(シャンパンゴールド)

ZB501KL-PK16(ローズピンク)

17,800円でもまだ高い。

税込みだと約2万だし、2万ならHuawei nova liteを買った方が全然良い。

ZenFone Live(ZB501KL)の性能は?

zenfone live2

ZenFone Live ZB501KLのスペック

機種名 ZenFone Live ZB501KL
OS Android 6.0.1(ZenUI)
PU Snapdragon 400
メモリ 2GB
ストレージ 16GB
ディスプレイ 5インチ 720×1280 HD

10点マルチタッチ

カメラ 1,300万画素 LEDフラッシュ F2.0
インカメラ 500万画素 LEDフラッシュ
バッテリー 4100mAh

外部充電機能対応

サイズ 141.1 x 71.7 x 7.9mm 120g
ローズピンク、ネイビーブラック、シャンパンゴールド
その他 GPS(GLONASSサポート)、加速度センサ、電子コンパス、光センサ、近接センサ

Micro USB

microSDXC(128GB)

nano SIM+nano SIM(SIM2はmicro SDと排他利用)

価格 17,800円(税別)

ZenFone Liveは初心者向けのエントリーモデル(海外ではZenFone 3 Goという名前)

ZenFone Liveは海外で「ZenFone 3 Go」という名前で販売されている機種。

ZenFone Goの後継の格安機という位置付け。

ZenFone Liveは、初心者向けの「簡単モード」「キッズモード」等を搭載したエントリーモデルという扱い。

カメラ性能はそこそこで、SNSのアプリでライブ配信を行う時にリアルタイムの美顔処理が可能な「美人エフェクトLive」という機能を搭載。

インカメラにはセルフィー向けのソフトフラッシュライトも搭載。

ZenFone Liveの性能はかなり低い!

ZenFone Liveは5インチなのでASUSの機種の中で最も小さい。

問題は性能で、いくらエントリーモデルとはいえ、もう2017年の中盤なのにSnapdragon 400とかなめてんのか?と言いたい。

スナドラ400は2年前のZenfone 2 Laserの時代のCPUなんだけど正気かよ。

Antutuベンチマークは2万位なのでかなり低い。

どうみても在庫処分というか、昔の機種のパーツを寄せ集めて作ってるんじゃないかと思ってしまう位手抜き。

その割に全然安くないし。

まぁすぐに値下がって激安モデルとして売るつもりだと思うけど。

ZenFone Liveは本当に初心者や子供向けだと思って下さい。

それでもゲームをやるにしても厳しいスペックだろうなー。ジャイロセンサーも非搭載だし。

ライブ配信がしたくて買うような人もいるわけない。

2万出すならHuawei nova lite、P9 liteとか買えちゃうんだよなあ。

ASUSは価格設定も商品品質も良くないという事を認識して欲しい。

いつのまにかHuaweiとは比較出来ない程の差になっているんだよね。

ASUS公式Twitter情報(質感は悪くないかな)

https://twitter.com/ASUSJapan/status/884982605271244802

ZenFone Live(ZB501KL)の対応バンドは良好

ZenFone Liveの対応バンド(ZB501KL)

LTE:B1、3、8、18、19、26、28、41

3G(W-CDMA):B1、6、8、18、19

LTEはB1、3、19に対応しているのでドコモ系の格安SIMでの運用に向いています。

3GはFOMAプラスエリア(B1、6、19)に対応しています。

SIMは、nano SIMが利用可能。

Wi-Fi(IEEE802.11)は、b/g/n(2.4GHzのみ?)に対応。

ZenFone Live(ZB501KL)ASUS ZenFone Shopで取り扱い開始!

zenfone live3

ASUS ZenFone Shop

2017年7月14日発売予定。

19,800円(税別)で税込み価格は21,384円。

カラーは ローズピンク、ネイビーブラック、シャンパンゴールドの3種類。

上のASUS公式Twitterを見る限り、質感は悪くないと思う。

しかしやっぱり性能が微妙すぎるのが残念。

せめてHuawei nova liteと張り合えるスペックだったら良かったのに。

ZenFone Live(ZB501KL)のAmazon、楽天での価格は?

ビックカメラ楽天市場店

Amazon

ZenFone Live(ZB501KL)用のケース、フィルム

ケース

フィルム

ZenFone Live(ZB501KL)の評判は?

発売後に更新します。

ASUSの機種は初期不良や不具合が多いので注意。

ZenFone Liveの発売日・評判は?【ZB501KL】ASUS まとめ

zenfone live

ZenFone Liveはオススメしにくい

これはちょっと性能低すぎるかなー。

コスパの良い機種がかなり増えてきているので、今更この性能の機種を2万も出して買うのは情報弱者と言われても仕方なし。

ZenFone Liveは海外ではZenFone 3 Goという名称で販売されている機種だけど、前機種のZenFone Goとの性能差はほぼ無い。

デザイン面や細かい所はさすがに新しいZenFone Liveの方が良いけど。

それにしても今更新機種として販売する機種ではないな。

こういう手抜きばっかりなんだよねASUSは。

品質も良くないし。

ZenFone Liveを買うならもっと値下がってから

ASUSは定価を高めにしておいてセールで安く見せるという事をよくやるので(ZenFone 3とかが良い例)、高めに設定しているんでしょう。

この性能なら9,800円位が妥当かな。

12,800円位まではすぐに下がると思う。

しかしその辺りだとP9 liteの方がオススメかなー。Huawei強し。

Huawei nova liteの方が遥かにオススメ出来る

Huawei nova liteが今現在最もコスパが高くオススメです。

★自動車保険の無料見積もりで5000円以上ゲットする方法★
自動車保険の更新時に損してませんか?

★自動車買取り一括査定を損せず利用して10万円ゲットする方法★
自動車を売る時に損してませんか?

スポンサーリンク

今日もご訪問していただきありがとうございます。

次に遊びに来てくれる時には新しい情報を公開しています。

また、もしよければツイッターやフェイスブックで拡散してくれると嬉しいです!

  格安SIM等のお得なキャンペーン情報

【楽天モバイル】楽天ポイントが貯まる!使える!
大特価キャンペーン中!ZenFone 3、mate 9、arrows M03等の人気機種が激安

【DTI SIM】半年間無料で3GBも使える格安SIM!解約金も無し まさに異次元キャンペーン!半年間無料で使える格安SIM!データSIMなら解約金も0なのでお早めに

【mineo(マイネオ)】ドコモ・au両対応!今なら激安 速度もサービスも安定のmineo。今なら音声通話プラン6ヶ月800円割引き!という新キャンペーン中!

【ASUS公式ショップ】ZenFoneシリーズのASUS公式ショップ ZenFoneShopでZenFoneシリーズ購入でIIJmio SIM&ASUS純正アクセサリー・SDカード付き!

【乗り換えキャッシュバックなら「おとくケータイ.net」】 MNPキャッシュバックが終了しても大丈夫!キャンペーンと併用可の高額キャッシュバックは「おとくケータイ.net」だけ!