Moto Z2 Play日本版の発売日、性能、評判をチェック!薄型軽量でDSDS対応【モトローラ】


★ワイモバイルなら1980円/月で無料通話可能!★
⇒ワイモバイルのワンキュッパ割が今アツイ!
moto z2 play

モトローラの最新機種「Moto Z2 Play」日本版の発売が2017年6月29日に決定!

価格は53,800円(税別)なので前機種と同じ。

Moto Zシリーズは、Motorolaブランドのハイエンドモデルという位置付け。

Moto Z2 Playは、前機種Moto Z Playの強化版になっています。

Moto Zより薄くなり20gの軽量化。

CPU、メモリ、ストレージ容量を強化したミドルハイスペック機。

3G、4G同時待ち受け(DSDS)にも対応しています。

スポンサーリンク

Moto Z2 Z Playの性能は?Moto Z Playと比較

moto z2 play2

Moto Z Play、Moto Z2 Playのスペック比較

機種名 Moto Z Play Moto Z2 Plus
OS Android 6.0.1

7.0へのアップデート可

Android 7.1.1

8.0へのアップデート保証

CPU Snapdragon 625 Snapdragon 626
メモリ 3GB 4GB
ストレージ 32GB 64GB
ディスプレイ 5.5インチ

1080×1920 フルHD

Super AMOLED 有機EL

ゴリラガラス3

5.5インチ

1080×1920 フルHD

Super AMOLED 有機EL

ゴリラガラス3?

カメラ 1600万画素 1200万画素
インカメラ 500万画素 500万画素
バッテリー 3510mAh

急速充電 Turbo Power対応

3000mAh

急速充電 Turbo Power対応

サイズ 156.4 × 76.4 × 6.99mm

165g

156.2 × 76.2 × 5.99mm

145g

ブラック

ホワイト

ルナグレー

ファインゴールド

ニンバスブルー

その他 イヤホンマイク端子あり

指紋認証

USB Type-C

nano SIM + nano SIM

microSDXC(2TB)

ジャイロセンサー

DSDS対応

イヤホンマイク端子あり

FMラジオ

指紋認証

USB Type-C

nano SIM + nano SIM

microSDXC(2TB)

ジャイロセンサー

DSDS対応

価格 53,800円(税別)

45,800円(税別)に価格改定

53,800円(税別)

Moto Z2 Playはバランスの良かった前機種の強化版!

Moto Z2 PlayはMoto Z Playのマイナーチェンジ(強化)版。

iPhoneに例えるならSシリーズと言った所。

スペック的な差はCPUが最新のSnapdragon 626になり、メモリ4GB、ストレージ64GBに増量された。

Snapdragon 626のAntutuベンチマークは64,000位。

625が62,000位なので微妙な差。

バッテリー容量は前機種であるMoto Z Playの方が3,510mAhなので多い。

駆動時間もMoto Z Playの方が長い。

Moto Z Playは最長45時間、Z2は最長24時間となっている。

性能に大きな差はないので、Moto Z Playが安くなったらMoto Z Playの方がお買い得でしょう。

前機種「Moto Z Play」はAmazonで税込み5万位

Moto Z Playの定価が45,800円(税別)に価格改定されました。

amazonでもそのうち下がりそう。

Moto Z2 Playもmicro SDとSIMスロットが別の3スロット構成

前機種と同様にSIMスロット2つとmicro SD用のスロットが別になっているはず。

仕様書にSIMと排他利用と書かれていないので前機種と同じ仕様でしょう。

DSDS対応機種はSIMスロットとmicro SDスロットが排他利用になっている機種がほとんどなので貴重。

Moto Zシリーズの良い所は余計なアプリが入っていない所

モトローラの機種は「ピュアAndroidエクスペリエンス」仕様となっており、余計なアプリがバックグラウンドで動作していない事でパフォーマンス向上をアピールしています。

また、次期Androidである、Android 8.0「Android O」へのアップグレードも保証されています。

Moto Z2 Playの予約開始!

Moto Z2 Playも背面にマグネットで装着出来るMoto Modsに対応

新しいMotoModsも登場「Moto GAMEPAD」

moto z2 play4

横向きで装着し、左右にコントローラやボタンを備えたゲームパッドが発売予定。

2本のコントロールスティック、Dパッド、4つのアクションボタンが付いており、バッテリーも内蔵している。

ゲーム機のように操作できるのは面白い。

Turbo Powerパック

3,490mAhのバッテリーを内蔵している。

スマートフォン本体のバッテリーを急速充電が可能でスマートフォンのバッテリー残量を常に8割ほどに保ってバッテリーの寿命を延ばす「効率駆動モード」を搭載。

7/1発売で9,800円。

ワイヤレス充電キャップ

ワイヤレス充電(Qi規格)に対応した背面カバー。

7月中旬発売で4,680円。

Moto Z2 Playの対応バンドは良好!

Moto Z2 Playの対応バンド

LTE:B1、3、5、7、8、19、20、28、38、40、41

3G(W-CDMA):B1、2、5、8、19(Band 6含む)

LTEはB1、3、19に対応しているのでドコモ系の格安SIMでの運用に向いています。

3GはFOMAプラスエリア(B1、6、19)に対応。

SIMは、nano SIMが利用可能。

Wi-Fi(IEEE802.11)は、a/b/g/n(2.4GHz、5GHz)に対応。

前機種では対応していた802.11ac対応が無くなった。

Moto Z2 PlayはDSDS対応機種

最近はもう当たり前になってきたDSDS対応。

4万円以上の機種はほとんど対応しています。

Moto Z2 Playの価格

Amazon

楽天

Moto Z2 Play用のフィルム、ケース

ケース

液晶フィルム

Moto Z2 Playの口コミは?

発売後に更新します。

前機種「Moto Z Play」の満足度は4.60とかなり高いので今回も高くなるでしょう。

価格面は高く感じるけど、高級感があり性能にも不満出る人は少ないでしょう。

ただし、Moto Z Playと比較して駆動時間が短くなっているのでそこに不満が出るかもしれない。

Moto Z2 Playまとめ

性能的にほとんど差はないのでMoto Z Playでも十分

Moto Z Playは評判は良いけど価格が高い。

Moto Z2 Playもまだ高く感じるけど、CPU、メモリ、ストレージ容量が強化されたので悪くない。

ただしCPUがまだ弱いかなー。

重い3Dゲームアプリは向いていないかも。

バッテリー容量が減り、Wi-Fiも11ac対応が無くなったりと劣化している部分もあるのが気になる。

カメラは一見画素数が減っていて劣化しているように見えるが性能的には上っぽい。

Moto Zシリーズのポイントはソフト面

モトローラの機種の良い所は「ピュアAndroidエクスペリエンス」仕様となっている所。

OSには余計なアプリが入っておらず、余計なタスクも動いていないので動作も快適。

スッキリしていて使いやすいのが最大のポイントとなっています。

Android 8.0(Android O)へのアップグレードを保証している所も良いです。

★自動車保険の無料見積もりで5000円以上ゲットする方法★
自動車保険の更新時に損してませんか?

★自動車買取り一括査定を損せず利用して10万円ゲットする方法★
自動車を売る時に損してませんか?

スポンサーリンク

今日もご訪問していただきありがとうございます。

次に遊びに来てくれる時には新しい情報を公開しています。

また、もしよければツイッターやフェイスブックで拡散してくれると嬉しいです!

  格安SIM等のお得なキャンペーン情報

【楽天モバイル】楽天ポイントが貯まる!使える!
大特価キャンペーン中!ZenFone 3、mate 9、arrows M03等の人気機種が激安

【DTI SIM】半年間無料で3GBも使える格安SIM!解約金も無し まさに異次元キャンペーン!半年間無料で使える格安SIM!データSIMなら解約金も0なのでお早めに

【mineo(マイネオ)】ドコモ・au両対応!今なら激安 速度もサービスも安定のmineo。今なら音声通話プラン6ヶ月800円割引き!という新キャンペーン中!

【ASUS公式ショップ】ZenFoneシリーズのASUS公式ショップ ZenFoneShopでZenFoneシリーズ購入でIIJmio SIM&ASUS純正アクセサリー・SDカード付き!

【乗り換えキャッシュバックなら「おとくケータイ.net」】 MNPキャッシュバックが終了しても大丈夫!キャンペーンと併用可の高額キャッシュバックは「おとくケータイ.net」だけ!