RAIJN、KIWAMI2で勝負を賭けるFREETEL!【5000mAhバッテリー&4GB RAM】FOMA SIMは利用不可のゴミ仕様


★ワイモバイルなら1980円/月で無料通話可能!★
⇒ワイモバイルのワンキュッパ割が今アツイ!
freetel-raijin

FREETELの新製品発表会

「FREETEL WORLD 2016」が2016年10月6日に行われました。

発表された新機種は

5000mAhの大容量バッテリー、Android 7.0を最初から搭載する「雷神 RAIJN」

10コアCPUを搭載したフラグシップモデル「SAMURAI KIWAMI 2」

の二機種。

DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)にも対応しているので、3G/4Gの同時待ち受けが可能となっています。ZenFone 3等と真っ向勝負するようです。

スポンサーリンク

目次クリックで項目へ移動します

FREETEL 雷神 RAIJN、極 KIWAMI 2の性能は?

freetel-raijin_2

RAIJN、KIWAMI 2のスペック比較

機種名 雷神 RAIJIN 極 KIWAMI 2
OS Android 7.0 Android 6.0

7.0へアップデート可

CPU MT6750T 6コア MT6797 10コア
メモリ 4GB 4GB
ストレージ 64GB 64GB
ディスプレイ 5.5インチ

1080×1920 フルHD

ゴリラガラス3

5.7インチ

2560×1440 WQHD

Super AMOLED 有機EL液晶

ゴリラガラス3

カメラ 1600万画素 1600万画素
インカメラ 800万画素 800万画素
バッテリー 5000mAh 3400mAh
サイズ 153 × 76 × 8.7mm 183g 157.2 × 77.5 × 7.2mm 168g
シルバー

ブラック

その他1色

メタルシルバー
その他 指紋認証

USB Type-C

micro SIM + nano SIM

microSDXC(128GB)

ジャイロセンサー

DSDS対応

(FOMA SIM利用不可)

指紋認証

USB Type-C

nano SIM + nano SIM

ジャイロセンサー

DSDS対応

(FOMA SIM利用不可)

価格 29,800円(税別)

2017年2月1日発売に延期

49,800円(税別)

2016年12月22日発売

RAIJN、KIWAMI 2共にスペック的にはかなり良い!

両機種共に、Android 7.0を早くも搭載、メモリ4GB、ストレージ64GBという現時点でもハイスペックと言える性能。

ジャイロセンサー、指紋認証、USB Type-Cも搭載され、デュアル待受(DSDS)にも対応しているので不満が出る部分が全く無い!

ただし、低価格化の為か、CPU(チップセット)はMediatek製なのでSnapdragonより若干性能が低い。

互換性は今となってはほとんど問題無いでしょう。

FREETELの機種は中国製のODM

ODM(Original Design Manufacturing)とは、委託者(フリーテル)のブランドで製品を設計、生産する事。

今年発売された「FREETEL REI(麗)」は「Toro-tech」という中国の企業が生産しているという情報があります。

日本企業のFREETELが中国企業のToro-techに依頼して製造しているという事です。

なので純粋な国産機では無い。

RAIJIN、KIWAMI 2も同じ様にToro-techが生産する事になるかも。

FREETELの機種は色々と不具合が多いので評判はあまり良くありません。

GPSの受信性能、タッチパネルの精度、対応バンドの不具合とか過去の機種には色々あった。

スペック的には良いけど、実際は・・・みたいなケースが多いので発売されてから様子を見た方が良いでしょう。

雷神 RAIJINの特徴

freetel-raijin

RAIJINは大容量バッテリーを搭載したタイプ。

5000mAhという驚異的なバッテリー容量を搭載している上、スペック的にもかなり良いので評判次第で売れるでしょう。

バッテリー容量の割に薄いのも特徴。(同じ5000mAhのZenFone Maxより薄い)

最近の流行である3G/4G同時待受(DSDS)に対応しているのも良い。

SIMスロットはnano、microの2つ。

片方はmicro SDと排他利用になっているので、SIMを2つ挿した場合はmicro SDが利用できない。

Mediatek MT6750TはAntutuベンチマークで4万位。

重い3Dゲームアプリ以外ならそれほど問題はなさそう。

SAMURAI 極 KIWAMI 2の特徴

freetel-kiwami2

極2は、5.7インチの大型機。

去年発売されたFREETELのフラグシップモデル「極」の強化版といった性能。

現時点で詰め込めるだけ詰め込んだみたいな高性能機になっている。

最近の流行である3G/4G同時待受(DSDS)に対応しているのも雷神と同じ。

雷神との差は有機EL液晶を搭載している事、ディスプレイ解像度が高い、CPUが高性能。

欠点はmicro SDが利用出来ない事。

CPUのMediatek MT6797 10コアの性能は、公式によるとAntutuベンチーマークスコアは97,000。

この性能なら3Dゲームも普通に動くでしょう。

何をするにも十分な性能だと思います。

ただし、あくまでスペックを見ただけなので、実際は使ってみないと分からないけど。

雷神 RAIJIN、SAMURAI 極 KIWAMI 2の対応バンドは良好!(DSDSはゴミ仕様なので注意)

RAIJIN、KIWAMI 2の対応バンド

LTE:B1、2、3、4、5、7、8、12、17、19、28B

4G(CA): B3/19、B1/19

3G(W-CDMA):B1、5、6、8、19

LTEはB1、3、19に対応しているのでドコモ系の格安SIMでの運用に向いています。

3GはFOMAプラスエリア(B1、6、19)に対応。

CA(キャリアアグリゲーション)にも対応。

RAIJIN、KIWAMI 2共に完璧なバンド対応となっています。

SIMは、極2はnano SIMx2、雷神はnano SIM、micro SIMが利用可能。

Wi-Fi(IEEE802.11)は、

RAIJNが、a/b/g/n(2.4GHz、5GHz)に対応。

KIWAMI 2が、a/b/g/n/ac(2.4GHz、5GHz)に対応。

注目のデュアルSIM・デュアルスタンバイ(DSDS)対応!

LTEでの通信の同時使用は1つですが、3Gと4G LTEの同時待ち受けが可能になっています。

つまり、大手キャリア(ドコモ等)の通話用SIMと格安SIM等の4G LTE通信用SIMが同時に利用出来るという事です。

FREETELの機種の注意点!

https://www.freetel.jp/product/smartphone/kiwami2/faq.html

FOMA SIMは利用不可。

なんだこの仕様?DSDSの意味が全く無いんだけど。

どうやらFREETELはドコモに配慮してわざわざFOMA SIMを非対応にしている感じ?

雷神も同様でしょう。

海外のDSDS対応機は普通にFOMA SIMも使えるんだけどね。(ZenFone 3とか)

こんな仕様ならDSDSと言えないだろう。

Dual SIMの仕組み

Dual SIM Single Standby(DSSS)切り替え方式

SIM1、SIM2のどちらを使用するか指定する必要がある。

待ち受け、通信共に片方しか使えない。

Dual SIM Dual Standby(DSDS) 同時待ち受け方式

※RAIJIN、KIWAMI 2の仕様はDSDS

SIM1、SIM2の同時待ち受けが可能。

ただし、片方のSIMが通信中になっている間はもう片方のSIMは通信出来ない。

Dual SIM Dual Active(DSDA)同時通信方式

SIM1が通信中でもSIM2で通信可能。

3Gで待ち受け中に4Gでの通信も同時に出来る。

雷神 RAIJIN、SAMURAI 極 KIWAMI 2の価格

RAIJINの価格

29,800円(税別)で2017年2月1日発売に延期。

KIWAMI 2の価格

49,800円(税別)で2016年12月22日発売。

RAIJN、KIWAMI 2用のフィルム、ケース

RAIJIN用ケース

RAIJIN用フィルム

KIWAMI 2 用ケース

KIWAMI 2 用フィルム

KIWAMI 2の口コミは?

発見次第更新します。

FREETELの機種は不具合が多いので評判はあまり良くない。

KIWAMI 2の口コミを価格コムで調べてみました。

KIWAMI 2は思ったよりも高評価!⇒満足度4.15(少し下がった)

KIWAMI 2の良い所

有機ELディスプレイの発色が良い

フルメタルボディの質感が高い

FREETEL REIを大きくしたようなデザインで薄くて良い

物理キーが便利

レスポンスは今までのFREETELの機種で一番良い

KIWAMI 2の注意点

ゲームや動画再生等で発熱するとカメラがフリーズする

発熱対策不足?(FREETELの機種によくある不具合)

スピーカーは高音が割れる

ベンチマークスコアの割に体感速度はそれほどでもない

micro SDが利用出来ない

RAIJNの口コミは?

RAIJINの口コミを価格コムで調べてみました。

RAIJNは満足度3.67と微妙な感じ。

RAIJNの良い所

5000mAhのバッテリー容量(ただし電池持ちは普通というレビューあり)

背面パネルがマット加工で指紋が気にならない

3万でこの性能なら悪くない?

RAIJNの注意点

REIやKIWAMI 2と比較してサイズが大きい

ストラップ用の穴が小さすぎる

指紋認証の認識があまり良くない?

Wi-Fiの掴みが悪い?

設定のカスタマイズをしないと使いにくい

結構重い

micro SDを使う場合はnanoではなくmicro SIMにする必要がある

RAIJIN、KIWAMI 2用の格安SIMのオススメは?

当サイトオススメNo.1格安SIM「mineo」がオススメ

mineo二周年2

格安SIMオススメNo.1のmineoが新キャンペーンを開始しました。

mineo公式サイト

mineoはau、docomo両対応、通話プランも1,310円~と業界最安クラスで速度も安定しているオススメ度の高い格安SIM業者です。

mineoについてはこちら

mineo【格安SIMガイド】arrows M02もあり!キャンペーン充実・評判・料金・iPhone・APN設定・解約方法・速度についても解説(マイネオ)

格安SIMの選び方・比較2016オススメのSIMはこれだ!【MVNO】

FREETEL RAIJN、KIWAMI 2まとめ

FREETELの機種は、カタログスペックは良いが実物を見てみないと分からない

FREETELの機種はぱっと見は凄く良いけど、実物はイマイチな場合が多い。

スペックの割に価格で頑張ってるのは分かるけど、品質にもっと力を入れて欲しい。

DSDS対応機種が増えるのは良い事

デュアルSIM・デュアルスタンバイ対応機種が増えてきました。

FREETELも素早くこの流れに乗ってきたのは素晴らしい。

ただし、ライバル達はかなり強いのでどうなるか。

デュアルスタンバイ対応機種が続々登場!覇権を取るのはどの機種?

AXON 7、AXON 7 mini(ZTE)

axon7

ハイスペック機の大本命AXON 7が来た!

性能的にZenFone 3 Deluxe、Moto Zに引けを取らないのに59,800円と安い!

AXON 7 miniも日本版ZenFone 3とほぼ同性能なのでオススメ。

AXON 7、AXON 7 mini日本版発売!3G/4G同時待ち受け(DSDS)対応で39,800円~【ZTE】

Moto G4 Plus(モトローラ)

moto G4 plus2

Moto G4 Plusもデュアルスタンバイ対応で既に販売中。

シンプルなデザインとピュアAndroid仕様で人気の機種。

Moto G4 Plusはデュアルスタンバイ対応で3G/4G同時待ち受け可能!ZenFone3と比較【モトローラ】

ZTE Blade V7 MAX(ZTE)

zte-blade-v7-max

ZTE Blade V7 MAXは発売間もない機種。

ZTEのシムフリースマホは堅実な作りで評判が良い。

ZTE BLADE V7 MAXは3G4Gデュアル待受対応!ZenFone3、Moto G4 Plusと比較【9/22発売】

Moto Z、Moto Z Play(モトローラ)

moto-z

モトローラの最上位機種Moto Zシリーズの日本での販売も決定!

シンプルなデザインとピュアAndroid仕様で人気の機種。

Moto Z、Moto Z Play日本発売決定!3G/4G同時待ち受け可能(DSDS対応)【モトローラ】

ZenFone 3(ASUS)

zenfone3_0928

予想以上に価格が高くなっている日本版ZenFone 3。

人気はダントツだけど、この価格ならRAIJN、KIWAMI 2も十分戦えると思う。

ZenFone 3日本版高すぎ問題!ZE520KL(5.2インチ)39,800円、Deluxeは55,800円~【正式発表後の内容に修正】

★自動車保険の無料見積もりで5000円以上ゲットする方法★
自動車保険の更新時に損してませんか?

★自動車買取り一括査定を損せず利用して10万円ゲットする方法★
自動車を売る時に損してませんか?

★nuroモバイルが5ヵ月700円引き!★
ソニーの新格安SIM nuroモバイルが激安キャンペーン開始!

スポンサーリンク

今日もご訪問していただきありがとうございます。

次に遊びに来てくれる時には新しい情報を公開しています。

また、もしよければツイッターやフェイスブックで拡散してくれると嬉しいです!

  格安SIM等のお得なキャンペーン情報

【楽天モバイル】楽天ポイントが貯まる!使える!
大特価キャンペーン中!ZenFone 3、mate 9、arrows M03等の人気機種が激安

【DTI SIM】半年間無料で3GBも使える格安SIM!解約金も無し まさに異次元キャンペーン!半年間無料で使える格安SIM!データSIMなら解約金も0なのでお早めに

【mineo(マイネオ)】ドコモ・au両対応!今なら激安 速度もサービスも安定のmineo。今なら音声通話プラン6ヶ月800円割引き!という新キャンペーン中!

【ASUS公式ショップ】ZenFoneシリーズのASUS公式ショップ ZenFoneShopでZenFoneシリーズ購入でIIJmio SIM&ASUS純正アクセサリー・SDカード付き!

【乗り換えキャッシュバックなら「おとくケータイ.net」】 MNPキャッシュバックが終了しても大丈夫!キャンペーンと併用可の高額キャッシュバックは「おとくケータイ.net」だけ!

こんな記事も読まれています

MNPキャッシュバック廃止!でもまだ間に合う!

>>おとくケータイ.netなら他社に負けない高額キャッシュバック
>>ドコモの携帯・スマートフォンの解約・MNPの3つの注意点
>>auの携帯・スマートフォンの解約・MNPの3つの注意点

iPhone最新情報

>>iPhone SEをキャッシュバック付きで購入!
>>iPhone6sのSIMロック解除方法まとめ

おすすめのSIMフリースマホまとめ【3万円台&1万円台】

>>おすすめのSIMフリースマホまとめ【3万円台】
>>おすすめのSIMフリースマホまとめ【1万円台】

格安SIMのオススメはこれ!

>>2016年オススメ格安SIMはこれだ!
>>楽天モバイルは楽天ポイントが使える!貯まる!
>>IIJmioなら価格も速度も満足!
>>mineoはau、docomo両対応!
>>OCNモバイルONEは格安SIM界のエース

Wi-Fiをフル活用しよう♪

>>WiMAXの4万円損しない選び方
>>格安SIMで通信料を節約する為の方法【wifi】について

今更聞けないシリーズ

>>simフリー機でエリアメールは受け取れるの?
>>simフリーiPhoneでeメールを受信する方法

人気のNexus5x、Nexus6Pまとめ

>>Nexus5xがいよいよ発売!ドコモ22日、ワイモバイル20日、グーグルストア1~2日
>>Nexus5xはワイモバイル・ドコモ・グーグルストア版どれが良い?
>>Nexus5x発売!ケース、フィルムのオススメは?
>>Nexus6Pはソフトバンク・グーグルストア版どっちが良い?