Covia Fleaz Queは格安4.5インチ9,800円!バッテリー交換可能の珍しい機種【CP-L45s OCN SIM付き】iPhoneとサイズ比較!


★ワイモバイルなら1980円/月で無料通話可能!★
⇒ワイモバイルのワンキュッパ割が今アツイ!
covia fleaz que3

Covia Fleaz Queが発売されました。

Coviaはヒットした「gooのスマホg07」「g07+」を開発したメーカーです。

性能はそこそこながら、4.5インチの小型でバッテリー交換可能な所が売り。

小型のスマホは需要の割に選べる機種が少ないので貴重。

スポンサーリンク

Covia Fleaz Queの性能は?

covia fleaz que2

公式サイト:goo SIM seller

Covia Fleaz Queのスペック

機種名 Covia Fleaz Que(CP-L45s)
OS Android 6.0(7.0アップデート対応保障)
CPU MT6735A

Cortex-A53 1.3GHz ×4

メモリ 2GB
ストレージ 16GB
ディスプレイ 4.5インチ 480×854
カメラ 500万画素(オートフォーカス)
インカメラ 500万画素
バッテリー 2200mAh

バッテリー交換可

サイズ 66.5 × 132.4 × 10.35mm 125g
ブラック
その他 microSDXC 128GB

micro SIM

micro USB(OTG対応)

ジャイロセンサー搭載

価格 OCN SIMセット 9,800円(税別)

公式サイト:goo SIM seller

格安小型SIMフリースマホ「Covia Fleaz Que」はどうなんだ?

Fleaz Queは、最近珍しい4.5インチと小型でバッテリー交換が可能の機種。

しかしただ安いだけではなく、Android 7.0アップデート対応保障、ジャイロセンサー搭載、USBもOTG対応しており、使い勝手が良いです。

MT6735AのAntutuベンチマークは32,000位。

重い3Dゲームアプリは厳しいでしょう。

パズドラのような2Dの軽いアプリなら問題無いと思うけど。

同じCPUを搭載している他の機種の動画を見る限り、3D描画は明らかにもっさりしているので期待しないで下さい。

ジャイロセンサー&電子コンパス搭載なので安心

covia fleaz que4

ジャイロセンサー、電子コンパスも搭載しているので、ポケモンGOのようなゲームにも完全対応。

ただしCPU性能はあまり高く無いので期待しすぎない方が良いです。

google map等も使いやすいはず。

準天頂衛星「みちびき」にもソフトウェアアップデートで対応。

低価格ながらUSB OTG対応は珍しい

covia fleaz que6

OTGとは「USB On-the-Go」の事で、USB機器同士を直接接続する規格の事です。

パソコンを介する事なくUSB機器が利用出来ます。

USBメモリ、ハードディスク、マウス、キーボード等が直接接続できます。

Covia Fleaz Queのサイズは?iPhoneと比較

covia fleaz que7

Covia Fleaz Queは4.5インチで「66.5 × 132.4 × 10.35mm 125g」というサイズ。

iPhoneと比較してみると

・iPhone SE 「4インチ 58.6 x 123.8 x 7.6mm 113g」

・iPhone 7「4.7インチ 67.1 x 138.3 x 7.1mm 138g」

4インチのiPhone SE(5、5s)と、4.7インチのiPhone 7(6、6s)の中間位のサイズです。

5インチ以上の大型機が合わない人には使いやすいサイズと言えるでしょう。

バッテリー交換も可能

covia fleaz que8

背面を開ける事でバッテリー交換が可能になっています。

これも非常に珍しい。

専用バッテリーは公式サイトで1,580円。

Covia Fleaz Queの対応バンドは良好

covia fleaz que

公式サイト:goo SIM seller

Covia Fleaz Queの対応バンド

LTE:B1、3、19

3G(W-CDMA):B1、6

LTEはバンド1、3、19に対応しているのでドコモ系格安SIMでの運用に向いています。

FOMAプラスエリア(B1、6)をサポート。

3Gのバンド19に対応していませんが、バンド19は縮小されてきているのでバンド6で十分。

SIMはmicro SIM。

Wi-Fi(IEEE802.11)は、a/b/g/n(2.4G、5GHz)両対応

covia fleaz que5

この価格帯で、IEEE802.11a、5GHzに対応しているのも珍しい。

格安機で5GHzに対応している機種はまず無いので。

5GHzは電波干渉に強く使いやすいのでこの対応は実は結構重要。

Covia Fleaz Queの欠点は?

タッチパネル精度には期待しない方が良い

同じCovia製のg07(g07+ではない方)は、タッチパネル精度に問題がありました。

この手の中国で生産している機種は安いパーツの寄せ集めなので、特にタッチパネルの精度に問題がある場合が多いです。

ディスプレイサイズも小さいのでQWERTYキーボードはかなり打ちにくいと予想。

CPU性能的に用途は限られる

電話、LINE、メール、WEBサイト閲覧、YouTube閲覧程度なら特に問題無いでしょう。

アプリも特に問題無く使えるはず。

厳しいのは上にも書いているように、3Dゲームアプリ等の処理が重いもの。

まぁ、この機種を買う人はそんな事は分かってると思うけど。

解像度が低い

4.5インチなのであまり問題無いと思いますが、解像度は480×854という最近見かけない低解像度です。

この低解像度のお陰でバッテリー持ちは良いだろうけど。

Covia Fleaz Queまとめ!

covia fleaz que2

安くて使いやすいSIMフリースマホが欲しい人向け!

Covia Fleaz Queは9,800円(税込10,584円)という安さなのに欠点が少ない。

この価格なら妥協できるレベルなので欲しい人には良い選択肢になるでしょう。

こういった格安機は、子供、親、サブ機としてなど、とりあえずSIMフリースマホが使ってみたい!という人にオススメしたい機種です。

この価格より安いSIMフリー機はほぼ無いので売り切れる前に買うのもアリでしょう。

OCNモバイルONEのSIMも付いてくるのでお得だし!

OCNのSIMは契約しなくても問題ありません。

公式サイト:goo SIM seller

★自動車保険の無料見積もりで5000円以上ゲットする方法★
自動車保険の更新時に損してませんか?

★自動車買取り一括査定を損せず利用して10万円ゲットする方法★
自動車を売る時に損してませんか?

スポンサーリンク

今日もご訪問していただきありがとうございます。

次に遊びに来てくれる時には新しい情報を公開しています。

また、もしよければツイッターやフェイスブックで拡散してくれると嬉しいです!

  格安SIM等のお得なキャンペーン情報

【楽天モバイル】楽天ポイントが貯まる!使える!
大特価キャンペーン中!ZenFone 3、mate 9、arrows M03等の人気機種が激安

【DTI SIM】半年間無料で3GBも使える格安SIM!解約金も無し まさに異次元キャンペーン!半年間無料で使える格安SIM!データSIMなら解約金も0なのでお早めに

【mineo(マイネオ)】ドコモ・au両対応!今なら激安 速度もサービスも安定のmineo。今なら音声通話プラン6ヶ月800円割引き!という新キャンペーン中!

【ASUS公式ショップ】ZenFoneシリーズのASUS公式ショップ ZenFoneShopでZenFoneシリーズ購入でIIJmio SIM&ASUS純正アクセサリー・SDカード付き!

【乗り換えキャッシュバックなら「おとくケータイ.net」】 MNPキャッシュバックが終了しても大丈夫!キャンペーンと併用可の高額キャッシュバックは「おとくケータイ.net」だけ!