イオンスマホがリニューアル!独自回線でMVNO市場1位を目指す!2/26~【イオンモバイル】


★ワイモバイルなら1980円/月で無料通話可能!★
⇒ワイモバイルのワンキュッパ割が今アツイ!
イオンモバイルが変わる

イオンモバイル(イオンスマホ)が月額480円~の新プランを開始し、リニューアルします!

新プランは、2月26日より受け付け開始です。

6月17日よりやっとネットでの受付も再開。

ここまで時間が掛かるとは思わなかった。

せっかくの初期キャンペーンが丸潰れだったのは失策でしょう。

スポンサーリンク

イオンモバイル2GB増量キャンペーン8/31まで!

イオンモバイルキャンペーン

⇒公式サイト:イオンモバイル

イオンモバイル2GB増量キャンペーンとは?

イオンモバイルを新規契約、またはMNPした場合に、契約月の翌月から3ヶ月間、2GB増量されるキャンペーンです。

増量分は繰り越し出来ないので注意。

イオンモバイルが独自回線でMVNO事業者化!

イオンロゴ

⇒公式サイト:イオンモバイル

イオンスマホの記事はこちら

イオンスマホの評判は?プランや価格・機種を調べてみた!【2016年情報】オススメ格安SIM情報もアリ

イオンモバイルの「イオンスマホ」は2014年にサービスを開始しました。

分かりやすい料金体系、値段の安さ、当時はライバル会社もほとんどなかった事で大ヒットしました。

これまでのイオンスマホは、日本通信、BIGLOBE、So-netといった既存のMVNO事業者を代理店としてそれぞれのサービスと端末を組み合わせてイオン店頭で販売・サポートを行うという形を取っていました。

つまり、イオン自体はMVNO事業者では無かったという事です。

回線を他社に依存した販売方式となっていました。

今回、イオンモバイル(イオンリテール)はリニューアルを行い、

2月26日より、イオンモバイル(イオンリテール)自身が独自のMVNOとしてサービスを行うと発表しました。

イオンモバイルがMVNOとなった事で料金プランを柔軟に設定出来るようになり、店頭でのサポートも充実させていくという方針です。

イオンスマホのメインユーザーは中高年層

イオンスマホはサービス開始当初から40代以上のユーザー層が中心でした。

しかし、直近のデータ(2016年)によると、前年比で20~30代が6%も増加しているとの事。

40代の親が子供用として契約するケースも増えてきていたようです。

サービス開始当初は端末とのセット購入が70%以上だったものの、直近ではSIMカードの単体購入が40%以上にまで増えてきていたそうです。

ユーザー層、利用シーンが変わってきた事により、代理店方式ではサポートや料金プランに限界があるとの判断から独自回線を使ったMVNO化に踏み切ったようです。

今後3年で「格安SIM」市場No.1を目指す

イオンモバイル事業を取り仕切る橋本氏によると、今後3年で「格安SIM」市場ナンバー1を目指すとの事。

なお、イオンリテールでは、MVNE(Mobile Virtual Network Enabler)を通して通信回線を調達するという事です。

大本はドコモ回線のままだと思いますが、どこがMVNE(親回線)になるのか気になる所。

イオンモバイル(イオンスマホ)の新料金プランは?

イオンモバイル3

⇒公式サイト:イオンモバイル

イオンモバイル新料金プランの受付開始日は2/26~

新料金プランは2月26日(金)より受付開始です。

イオンモバイルの契約・購入は26日より、全国のイオン429店舗で一斉に取り扱い開始。

213店舗では即日での契約・端末購入に対応し、残る店舗では後日の配送となる。

イオンモバイル新料金プラン(税込み)

高速データ

通信容量

音声プラン データプラン シェア音声プラン
0.5GB 1,274円 無し 無し
1GB 1,382円 518円 無し
2GB 1,490円

キャンペーン価格

1,058円

842円

キャンペーン価格

518円

無し
4GB 1,706円 1,058円 1,922円
6GB 2,138円 1,598円 2,462円
8GB 2,894円 2,138円 3,218円
12GB 3,542円 2,894円 3,866円
20GB 6,458円 5,378円 6,782円
30GB 8,618円 7,538円 8,942円
40GB 11,664円 1,0778円 11,988円
50GB 15,984円 14,904円 16,308円

※シェア音声プランは一部店舗、インターネットでは申込不可

※容量を使い切った場合は200kbpsでの通信となる

50GBプランとか契約する人いるんだろうか(笑)

2GBのキャンペーンは凄いコストパフォーマンス!

データSIMも凄いけど、通話SIM+2GBで1,058円(税込み)は頭おかしいレベル。

2017年3月分まで1年間もこの値段で使えてしまう。

イオンモバイルの料金と他社を比較(税込)

データプラン1GB、通話プランで他社と比較してみる。(税込価格)

データプラン1GBでの比較

イオンモバイル:518円

DMMモバイル:637円

楽天モバイル:567円(高速通信容量無し)

※キャンペーンで2GBが518円となるのでイオンモバイルが最安

音声プラン1GBでの比較

イオンモバイル:1,382円

DMMモバイル:1,360円

楽天モバイル:1,350円(高速通信容量無し)

※キャンペーンで音声+2GBが1,058円になるのでイオンモバイルが最安

通話5分かけ放題オプションが選べるのは楽天モバイルだけ

楽天モバイル5分かけ放題2

楽天モバイルの通話+3.1GBプランなら月額2,450円(税込2,648円)で3.1GBの高速通信容量と5分以内かけ放題が可能です。

イオンスマホは新プランも通話は従量制のはずなので、通話をよくする方は楽天モバイルの方がオススメです。

楽天モバイル公式サイト

シェア音声プランとは?

シェア音声プランは、音声SIM1枚とデータSIMを2枚まで利用可能。

データSIM1枚あたり月額700円を追加する事で、音声SIMに変更出来る。

シェア音声プランは、即日申込に対応する店舗のみで契約可能。

SMS機能は月額140円のオプション

他社は120円位の所が多いです。

SMSがオプションになるということはドコモ系回線なのは変わらないという事でしょう。

解約時の違約金は設定されない

音声、データプラン共に解約時の違約金は無し。

データプランから音声プランへの変更は出来ない。

新規契約手数料

SIM1枚あたり3,000円。

他社と同じです。

MNP転出手数料

MNP転出の手数料は180日以内では8000円、それ以降は3000円。

解約手数料が無い分、MNP転出手数料で多く取っている感じですね。

180日以降は他社と同じです。

通信容量制限

容量を使い切った場合は200kbpsでの通信となる。

通信容量の繰り越しは翌月まで。

端末の分割購入はイオンカードの場合24回まで無金利

イオンモバイル製品として販売しているスマートフォンやタブレット端末、モバイルWi-Fiルーターとのセット販売が行われます。

現在提供している端末はすべて新プランと組み合わせて購入可。

即日購入可能な店舗では、イオンカードでの分割購入が24回まで無金利になる。

イオンモバイルはサポートも充実

アフターサービスも新プラン提供と同時に拡充。

修理の受付やプラン変更は、従来のオンライン申込のほかに、即日購入に対応するイオン213店舗の店頭で故障修理も申し込み可能に。

有料サポートの電話サポート(月額300円)では、新たにオペレーターがユーザーのスマートフォンを遠隔で操作してトラブルに対応する遠隔サポートを提供。

初回キャンペーン開始!

3月までに2GBのプランを申し込んだユーザーが対象

2017年3月分までの料金を割引するスタートキャンペーンを実施。

音声プラン:1,380円⇒980円(税抜き)

データプラン:780円⇒480円(税抜き)

富士通製のAndroidスマートフォン「ARROWS M01」が1万4800円。

NECプラットフォームズ製のモバイルWi-Fiルーター「Aterm MR04LN AB」が1万9800円のキャンペーン価格で販売。

イオンモバイル(イオンスマホ)は元々かなりの優良サービス

イオンモバイル

⇒公式サイト:イオンモバイル

イオンスマホは元々、安いしサービスもしっかししています。

検索上位のサイトが嘘だらけで真実が上手く伝わっていないのが一番の問題。

イオンスマホの評判は?プランや価格・機種を調べてみた!【2016年情報】オススメ格安SIM情報もアリ

イオンスマホの真実とは

詳しくは上の記事を見て下さい。

嘘情報を書いているサイトが多すぎるので。

適当に真似するんじゃなく、自分で調べた正しい記事を載せろと。

イオンスマホの良い所を箇条書きにするとこんな感じです。

  • Biglobeの回線を使っているのにBiglobeで契約するより安い
  • ↑但し、Biglobe独自のキャンペーンもあるので絶対では無い
  • 二年経ってから値段が上がるのではなく元のBiglobeの価格に戻るだけ
  • 音声プランなのに解約金が掛からないのはイオンスマホだけ!
  • お客様サポートがフリーダイヤル

これが真実です。

音声プランの解約金は他社の場合、1年以内は1万円位が多いですが、イオンスマホはいつ解約しても0円!

これは驚異的と言えるでしょう。

音声プランをお試しで使えるのは、現在でもイオンスマホだけです。

イオンモバイル(イオンスマホ)の新料金プランまとめ

イオンモバイル2

⇒公式サイト:イオンモバイル

3月までに2GBプランを申し込んだ場合のコストパフォーマンスはかなり高いです。

しかし上で書いているように、

通話は従量制になるので、通話をよくする人は楽天モバイルの方が良いです。

それ以外の方なら激安で回線を維持できます。

楽天モバイル公式サイト

通話プランの解約金が無いのも良いです。

その代わり、MNP(番号そのまま乗り換え)が180日以内は8,000円と若干高く設定されています。(それ以降は3,000円と他社と同じ)

この料金は転出(イオンから他社へ乗り換え)の場合です。

★自動車保険の無料見積もりで5000円以上ゲットする方法★
自動車保険の更新時に損してませんか?

★iPhone6在庫復活!キャッシュバック付き★
iPhone6一括0円&キャッシュバック付きのチャンス!

★nuroモバイルが5ヵ月700円引き!★
ソニーの新格安SIM nuroモバイルが激安キャンペーン開始!

スポンサーリンク

今日もご訪問していただきありがとうございます。

次に遊びに来てくれる時には新しい情報を公開しています。

また、もしよければツイッターやフェイスブックで拡散してくれると嬉しいです!

  格安SIM等のお得なキャンペーン情報

【HTC e-shop】人気のDesire626がOCN SIM付きで19,800円! HTC e-shopセール中!人気のDesire626がOCN SIM付きで19,800円!

【楽天モバイル】楽天ポイントが貯まる!使える!
秋の大特価キャンペーン中!honor 8、ZenFone 3、honor6 plus、ZenFone Go等の人気機種が激安

【DTI SIM】半年間無料で3GBも使える格安SIM!解約金も無し まさに異次元キャンペーン!半年間無料で使える格安SIM!データSIMなら解約金も0なのでお早めに

【mineo(マイネオ)】ドコモ・au両対応!今なら激安 速度もサービスも安定のmineo。今なら音声通話プラン6ヶ月800円割引き!という新キャンペーン中!

【ASUS公式ショップ】ZenFoneシリーズのASUS公式ショップ ZenFoneShopでZenFoneシリーズ購入でIIJmio SIM&ASUS純正アクセサリー・SDカード付き!

【乗り換えキャッシュバックなら「おとくケータイ.net」】 MNPキャッシュバックが終了しても大丈夫!キャンペーンと併用可の高額キャッシュバックは「おとくケータイ.net」だけ!

こんな記事も読まれています

MNPキャッシュバック廃止!でもまだ間に合う!

>>おとくケータイ.netなら他社に負けない高額キャッシュバック
>>ドコモの携帯・スマートフォンの解約・MNPの3つの注意点
>>auの携帯・スマートフォンの解約・MNPの3つの注意点

iPhone最新情報

>>iPhone SEをキャッシュバック付きで購入!
>>iPhone6sのSIMロック解除方法まとめ

おすすめのSIMフリースマホまとめ【3万円台&1万円台】

>>おすすめのSIMフリースマホまとめ【3万円台】
>>おすすめのSIMフリースマホまとめ【1万円台】

格安SIMのオススメはこれ!

>>2016年オススメ格安SIMはこれだ!
>>楽天モバイルは楽天ポイントが使える!貯まる!
>>IIJmioなら価格も速度も満足!
>>mineoはau、docomo両対応!
>>OCNモバイルONEは格安SIM界のエース

Wi-Fiをフル活用しよう♪

>>WiMAXの4万円損しない選び方
>>格安SIMで通信料を節約する為の方法【wifi】について

今更聞けないシリーズ

>>simフリー機でエリアメールは受け取れるの?
>>simフリーiPhoneでeメールを受信する方法

人気のNexus5x、Nexus6Pまとめ

>>Nexus5xがいよいよ発売!ドコモ22日、ワイモバイル20日、グーグルストア1~2日
>>Nexus5xはワイモバイル・ドコモ・グーグルストア版どれが良い?
>>Nexus5x発売!ケース、フィルムのオススメは?
>>Nexus6Pはソフトバンク・グーグルストア版どっちが良い?